予防歯科クリーニング

HOME > 予防一般歯科:予防歯科クリーニング

虫歯・歯周病の予防

現代の歯科医療が目指す「予防」は、お口の条件を整えて虫歯や歯周病にならないようにすること、よく手入れされた健康な歯肉を保つことです。

虫歯も歯周病も「生活習慣病」といわれています。虫歯になった歯を治療しても、原因を取り除かずにそのまま放っておいたら、また同じところが虫歯になります。歯周病も、生活習慣を改め、定期的にプロのクリーニングを受けて、原因除去に努めなければ、再発を繰り返してしまいます。

なぜ虫歯になったのかを分析する、なぜ歯周病が繰り返されるのかを分析することが必要です。それらの結果をもとに、磨き方が悪かったのなら正しい磨き方の指導を、食生活に原因があれば正しい食事指導を行うことも「予防」です。

そして何より「予防」に欠かせないのは、病気の原因となる細菌を除去しお口の状態を良くする、プロによる定期的なケアなのです。

そこで当院では、検診やクリーニングの際に、殺菌水を全ての患者様に使用し、お好みに合わせてアロマの香りを選んで頂き、クリーニング中にリラックスしていただくことを、スタンダードにしています。

クリニックコンシェルジュの認定

当院のスタッフは、クリニックコンシェルジュの認定を受けております。

また、そのしっかりとした日々の仕事振りが評価を受け雑誌取材をうけました。

当院のむし歯に対する治療方針

STARデンタル南八幡クリニックは、予防管理を基盤とした治療方針で行なっています。

アメリカの虫歯予防システム、CAMBRAを導入しており、虫歯のリスク判定をし、それに応じた予防プログラムを指導、実践していただきます。

そのため、患者さま個々のリスクが分からないままの虫歯処置などは行なっておりません。
必ず、最初にリスク検査を受けていただくことになります。

日本には欧米のような予防文化は根付いておりません。
そして、リスクの分からないままの処置は、対処療法に過ぎません。

せめて当院の患者さまだけでも、予防という価値観を持っていただきたいのです。
それがやがて、この市川市の虫歯予防文化に広がっていくことを願っております。

虫歯を予防するためには

  • 食事や間食は規則正しくとって、砂糖を控えます。
  • 硬い食品をよく噛んで食べれば、唾液の自浄作用が期待できます。
  • 歯ブラシ、歯間ブラシ、デンタルフロスなどを適材適所に使って、正しい歯磨きをします。
  • フッ素化合物を歯科医院で歯面に塗布してもらいます。
  • フッ素、デキストラナーゼ、クロルヘキシジンなどの薬剤の入った歯磨剤を使います。
  • むし歯になりやすい部分をあらかじめ予防充填しておきます。

定期的なPMTC

PMTCとは、歯科医師、歯科衛生士による歯面のクリーニングです。

毎日の歯磨きだけでは、落とせない汚れがあります。その部分をキレイにします。

プロである歯科衛生士が行うので、痛みはありません。(炎症がある場合は除きます)

PMTCを受けることで、ご自身では体験しにくい、ツルツルした歯面を体験することができ、ツルツルになることで、虫歯の菌が付きにくくなります。

しかし、残念ながら、1回のPMTCが長期間持続するわけではないので、定期的に受ける必要があります。定期的に受けることで、ご自身の歯面はツルツルになりますので虫歯予防にもなり、なにより、とてもお口の中がすっきりします。

カリオグラム(予防プログラム)

カリオグラムとは、カリエスリスク(虫歯リスク)診断にもとづき、患者さん一人ひとりに最適な予防プログラムを提供するというものです。

スウェーデン王立マルメ大学 D.ブラッタール教授の協力による唾液検査システムで、むし歯予防を実践する歯科医院に対し、「登録証」が与えられます。

STARデンタル南八幡クリニックも認定医療機関に登録されています。

─ 唾液検査

唾液には、浄化・抗菌・緩衝・再石灰化などの作用があり、さまざまな効果があります。

唾液の検査を行なうことで、口腔内の細菌検出だけでなく患者さん固有の唾液の性質に関する情報が得られ、カリエスリスク(虫歯リスク)の程度を知ることができます。

当院ではカリオグラムシステムを用いて、一歩進んだ予防プログラムの実施をおこなっております。

初めての方もお気軽にご相談下さい

診療予約・相談・お問い合わせ