インプラントの適応ケース

HOME > インプラント:インプラントの適応ケース

インプラントの適応ケース

ケース紹介[1](他医院で行ったインプラントのやり直し)

撤去前
撤去前
撤去したインプラント
撤去したインプラント
インプラント再治療後
インプラント再治療後

歯を1本失った場合、従来では隣接する歯を削り、被せ物をするブリッジにより治療をするケースが一般的でした。健康な天然歯を2本削らなくてはなりません。このケースでのインプラント治療では健康な天然歯を全く削らなく治療ができます。

単独歯欠損のケース

術前 術後

歯を1本失った場合、従来では隣接する歯を削り、被せ物をするブリッジにより治療をするケースが一般的でした。健康な天然歯を2本削らなくてはなりません。このケースでのインプラント治療では健康な天然歯を全く削らなく治療ができます。

複数本の欠損のケース

術前 術後

このケースでは複数の歯が欠損し、インプラント治療とブリッジを併用し、修復をはかったケースです。

無歯顎のケース(歯が無い場合)

術前 術後

無歯顎(歯が全く無い)の状態にインプラントとバーを固定し、総義歯(総入れ歯)を固定したケースです。

初めての方もお気軽にご相談下さい

診療予約・相談・お問い合わせ