歯周病治療

HOME > 歯周病:歯周病治療

歯周病

プラークはバイ菌のかたまり。これが虫歯や歯周病の原因です。

歯周病菌

歯と歯ぐきの境目にできた歯周ポケットとよばれる深いすき間が生息場所。
この菌は血液が大好物で、炎症によって歯ぐきから出血すると、それを栄養にさらに増殖します。暗いところでじわじわ仲間を増やす陰湿で陰険なタイプ。

むし歯菌

ストレプトコッカス・ミュータンス菌と呼ばれるばい菌がむし歯菌。舌の上や唾液の中など、口のどこにでも存在します。何度も取り除いても、こりずに歯の表面にくっつくしつこくめげないタイプ。

歯石とは?

歯石は、プラークに唾液中のカルシウム塩が沈着してできたもので、歯周ポケットの入り口をふさいで、中でばい菌を繁殖させたりします。また、歯石の表面はザラザラしているため、プラークがつきやすく、歯の病気をさらに進行させる原因にもなります。

歯を失う原因は、実はむし歯、歯周病なのです。

年をとると自然に歯が抜けると思っていたら、それは大きな間違いです。歯を失う二大原因はむし歯と歯周病によるものです。どちらも進行すると、歯が抜け落ちたり、抜かざるを得なかったりすることになります。

歯周病ではこうして歯が失われていきます。

軽度歯周炎:危険度★★

軽度の歯周炎は歯茎が少し赤みを帯び腫れた状態になります。歯と歯ぐきの間に歯周ポケットができ、歯石がつきやすくなる。軽度歯周炎の場合の目安は歯周ポケットが3~4mm程度と言われています。

中度歯周炎:危険度★★★

中程度の歯周炎になると、口臭がおこり、歯茎が化膿します。歯ぐきがやせて、歯が少し長くなったように見えます。ブラッシングをした際に膿が出ることもあります。歯周ポケットは4~5mm程度です。

重度歯周炎:危険度★★★★★

重度の歯周炎になると、歯がグラグラして、歯と接している歯茎がさらに腫れ、化膿が進みます。歯と歯の間が広がり、歯ぐきが縮み、歯槽骨がかなり溶け出し、歯がかなり長く見えます。ここまで進行すると抜歯になる可能性が高くなります。

当院では、スウェーデン式歯周治療を軸に生物学に基づいた治療により、お口の健康を回復、維持することをコンセプトとしています。

歯垢や歯石だけを溶かす「ペリソルブ」

ペリソルブは、スウェーデンで開発された画期的な虫歯治療法カリソルブを進化させた、歯周治療用薬剤です。

ペリソルブは、歯科用の材料として安全性が確認されている次亜塩素酸ナトリウムとアミノ酸を使用した薬剤です。歯周病の原因である歯垢(プラーク、バイオフィルム)や歯石だけに作用し、溶解することのできるカリソルブは、歯肉を傷つけることない歯周治療が可能です。治りが早く、腫れも引きやすい治療法です。

また、刺激・副作用のある抗生物質を使用しないので、安心・安全に治療を行うことができます。

細菌リスクを最小限に

通常の歯周病治療では、細菌の塊である歯石が口腔内に飛散してしまいます。出血している歯肉から雑菌が血管に侵入し、全身疾患に繋がったり、細菌を吸い込むことで誤嚥性肺炎の発症の原因となるリスクも伴います。

ペリソルブは細菌を殺菌してから除去するので、治療中の口腔内を清潔に保ち、細菌の体内への侵入リスクを最小限に回避し、健康な歯と歯肉を守ることができます。

ペリソルブ治療は自費治療になりますので、金額などの詳細はクリニックにお問い合わせください。

初めての方もお気軽にご相談下さい

診療予約・相談・お問い合わせ