むし歯治療

HOME > 予防一般歯科:虫歯治療

当院のむし歯に対する治療方針

STARデンタル南八幡クリニックは、予防管理を基盤とした治療方針で行なっています。

アメリカの虫歯予防システム、CAMBRAを導入しており、虫歯のリスク判定をし、それに応じた予防プログラムを指導、実践していただきます。

そのため、患者さま個々のリスクが分からないままの虫歯処置などは行なっておりません。
必ず、最初にリスク検査を受けていただくことになります。

日本には欧米のような予防文化は根付いておりません。
そして、リスクの分からないままの処置は、対処療法に過ぎません。

せめて当院の患者さまだけでも、予防という価値観を持っていただきたいのです。
それがやがて、この市川市の虫歯予防文化に広がっていくことを願っております。

むし歯治療

虫歯は、どの歯科医院で治療しても同じではありません。

抗菌剤や消毒剤を虫歯に応用して、肉眼では見えないすべての虫歯菌を死滅させ、歯面を特殊な被膜でコーティングすることにより、歯髄(神経)を出来る限り保護する方法(Minimal Intervertion Dentistry)をとります。

神経をとれば、失活歯(死んだ歯)になり、寿命が著しく低下してしまうため、このような方法をとります。

隠れた虫歯を見つけ、なるべく削らずに治す「ダイアグノデント」

「なるべく虫歯を削らずに治す」ことを実現するために、歯を傷つけずにレーザー光で虫歯を数値化する検知器を用いて、客観的な診断をおこなっています。

むし歯は、早期発見し早期に削って詰めるのではなく、早期に発見しその進行を抑制していくことが歯を長持ちさせる上で大切です。

歯を削る必要がある虫歯かどうかを診断するために、当院ではダイアグノデントという虫歯(う蝕)検知器を用いています。

ダイアグノデントペンはレーザー光を使い、歯の表面に照射することによって虫歯かどうかを診断できる機械です。

特徴としては、歯の隣接面にある発見しにくい部分、エナメル表面下に隠れた場所、被せものの下など、なかなか判断しにくい場所の虫歯の診断ができます。

このダイアグノデントペンを使用しながら、MI治療(Minimal Intervention)= 歯を削る量を最小限に抑える治療を実践しております。

痛くない削らない「カリソルブ」虫歯治療

カリソルブ治療は、虫歯を削って除去せずに、薬剤を塗布して無菌化し虫歯の部分のみを溶かして除去する治療方法です。また、一般的な保険の虫歯治療と違い、できるだけ歯を削らないことが特徴ですので、治療時に痛みを感じることはほとんどありません。

削った歯は元に戻ることはありません。虫歯を完全に除去しようとすると神経まで達してしまう場合などにこの治療法を用いると、神経を抜かないで済む可能性が高くなり、結果的に歯の寿命を伸ばすことにもつながります。

当院では、保険診療の虫歯治療はもちろんのこと、このカリソルブを使用した保険外の自費治療にて無痛虫歯治療を行っています。

カリソルブ治療は自費治療になりますので、金額などの詳細はクリニックにお問い合わせください。

むし歯の進行状態

C0(初期段階の虫歯)

欠損は認められないが虫歯の初期病変(歯の溝の黒色などの着色、表面の白濁)が認められるもの。歯磨きなどで改善が困難な場合は従来通りの患部を削って詰め物をする場合もあります。

C1(軽度の虫歯)

虫歯ができ始めの状態。この段階から治療が必要になります。患部を削って詰め物をする程度で済みます。この段階ではまだ痛みを感じることはありません。

C2(軽度の虫歯)

虫歯が進んで小さな穴が開いた状態。冷たい物や甘い物などで時々痛みを感じる場合もあります。患部を削って詰め物をします。

C3(中度の虫歯)

虫歯がさらに進行し、大きな神経にまで達した穴が開いた状態。痛みを伴うことが多く、歯の根の治療をした後、かぶせ物や詰め物をします。抜歯のリスクも高くなってきますので、早めに治療をしましょう。

C4(重度の虫歯)

歯冠が崩壊し、根っこだけが残っている状態。虫歯が根の中まで進行し、抜歯の対象となります。抜歯後、入れ歯やインプラント、ブリッジになる可能性があります。

むし歯の治療法

  • 抗菌剤を使って虫歯を溶かす(主に小さな虫歯)
    虫歯に侵された部分を最小限削ったあとに、安全な3種類の抗菌剤を混ぜて作った薬をぬります。こうすることで、周りの虫歯に侵された疑いのある部分や神経のバイ菌を殺し、歯や神経を守ります。
  • 樹脂などで詰める (主に小さな虫歯)
    小さな虫歯は、削り取った後、すぐに樹脂などで穴を塞げば治療が終わります。歯を元の形に整えて、光などを当てて樹脂を固めます。治療が1回で済むので、通院の負担もかかりません。
  • 型を取って、嵌め込む (主に中程度の虫歯)
    中程度の虫歯は少し深く削るので、樹脂で塞ぐだけでは済みません。一度歯の型を取って、虫歯を削った部分にピッタリと収まる物を作ります。材質は金属や樹脂などです。型はすぐにはできないので、治療には最低2回程度かかります。
  • 歯に金属などを被せる (大きな虫歯・深い虫歯)
    大きな虫歯や深い虫歯の場合、歯と歯がぶつかり合う際の力に耐えるようにするため、虫歯の箇所以外に歯の周囲も削って被せることになります。2と同じく一度型を取りますが、歯に丸ごとかぶせる、被せ物を作ることになります。治療には数回通う必要があります。
初めての方もお気軽にご相談下さい

診療予約・相談・お問い合わせ