インプラントブリッジ入れ歯のオーバーデンチャー治療

火水金:9時半~18時半
/木曜日:9時半~13時
/土曜日:9時半~17時半

STARDENTAL Holistic Clinic

24時間受付WEB診療予約

TEL.047-393-7511

インプラント入れ歯

Overdenture implant treatment

インプラントブリッジ入れ歯

歯がない状態で入れ歯を使用されている場合は、骨吸収が進行していくために入れ歯をしっかり支えるための顎骨が徐々に失われていきます。そして、最終的には総入れ歯の調整によって咬合を安定させることが困難な状態になるため、しっかり噛めないまま我慢して入れ歯を使用するしかないという患者さんが多いと思います。

長期に渡り総入れ歯(総義歯)を使用されている患者さんの多くが次の症状を訴えております。

  • 入れ歯が安定しないためしっかり噛むことができない
  • 会話をしているときに外れることがある
  • 歯ぐきにあたって痛みを感じる
  • 食事の際に食べ物が詰まりやすい
  • 骨量が不足しているためインプラント治療ができないと言われた
  • 治療費が高いためインプラント治療が受けられない

上記の理由などで様々なお悩みをお持ちだと思います。このような悩みに最適な治療が「オーバーデンチャー」です。

最少2本のインプラントで可能な
オーバーデンチャーとは?

オーバーデンチャーによるインプラント治療とは、失ってしまった顎骨の代わりに2~4本のインプラントを埋入して、入れ歯をしっかり安定させることができます。

このオーバーデンチャーは、最少2本のインプラントで固定する治療なので、患者さんの治療費の負担が少なくなります。また、埋入するインプラントの本数も少ないため、低侵襲の治療ができ、身体的負担を軽減できるインプラント治療です。

オーバーデンチャー

オーバーデンチャーのメリット

  • 総義歯がインプラントで強固に固定されるため、しっかり噛めるようになります。
  • 最少2本のインプラントで全顎を支えることができるため、治療費が抑えられます。
  • 患者さんが自由に取り外しできるためメインテナンスが非常に簡便です。
  • 大きな外科手術を必要としないため全身的な負担も少ない治療法です。

オーバーデンチャーのデメリット

  • インプラント手術が必要。
  • 治療後のメンテナンス(定期検診)が必要。
  • 保険適応されない自費治療(医療費の控除は受けられます)。

インプラントのリスクと副作用

  • 咬み合わせの違和感があることがある。
  • インプラント周囲炎になることがある。
  • 手術後の出血や痛みが出ることがある。
  • 過度の衝撃による補綴物の脱落、破折することがある。
  • 患者様の身体の状態(重度な糖尿病など)よって予後が悪くなるため治療できないことがある。

治療メニュー

  • 安全で質の高い安心のインプラント治療

    質の高いインプラント治療
    他院とのインプラント治療の違い、インプラントに特化した無料相談など。

    安全で質の高い安心のインプラント治療

  • インプラント適応ケース

    インプラント適応ケース
    他医院で行ったインプラントのやり直しから単独歯欠損、複数本、無歯顎のケースまで。

    インプラント適応ケース

  • インプラント治療の流れと治療費用

    インプラント治療の流れと治療費用
    患者様の骨も含めた口腔状態に応じてインプラントシステムを使い分ける。

    インプラント治療の流れと治療費用

  • 骨がない、薄い場合のインプラント治療

    骨がない、薄い場合のインプラント治療
    骨造成、骨移植からサイナスリフト法、ソケットリフト法、GBR法など。

    骨がない、薄い場合のインプラント治療

  • 無痛インプラント治療

    無痛インプラント治療
    静脈内鎮静法と筋肉内鎮静法の2種類の麻酔法を導入したインプラント治療。

    無痛インプラント治療

  • インプラント入れ歯

    インプラント入れ歯
    最少2本のインプラントで可能なオーバーデンチャーインプラント治療。

    インプラント入れ歯

  • ジルコニアインプラント

    ジルコニアインプラント
    ジルコニアセラミックインプラントはチタンアレルギーの方にも優しいインプラント治療。

    ジルコニアインプラント