自然治癒力を活性させる点滴療法

HOME > 審美歯科:自然治癒力を活性させる点滴療法

自然治癒力を活性させる点滴療法

体調の悩みはありませんか?

当院では、できるだけ従来の薬剤に頼らず、人の持つ治癒力を活性、利用することを期待し、点滴療法、サプリメントなどの栄養療法を推奨しています。

特に抗生物質の服用により、腸内細菌が乱され、善玉菌までもが減少する人体への悪影響を無視することはできません。

高濃度ビタミンC点滴

ビタミンC療法は、1970年代にビタミンC研究の第一人者であるライナスポーリング博士により提唱された治療法です。

のちに時を経て、否定的な意見も多かった中で、2005年にビタミンCを大量に点滴で投与することにより、がん細胞が死滅するメカニズムについて、NIH(アメリカ国立衛生研究所)が発表し、この治療法は新たに脚光を浴びることになりました。

現在ではアンチエイジングとしても多くの効果が認められているほか、歯科治療と併用することで、非常に良い効果をもたらすことが分かってきています。

点滴で大量のビタミンCを入れることで血中濃度を一気に高めることができ、それは内服で摂取する量の10倍、20倍以上にもなります。

当院では、外科処置(インプラント治療や歯周外科、再生療法など)において、ビタミンCによる抗炎症効果、治癒促進効果、抗感染効果を期待して高濃度ビタミンC点滴を術中に施術しています。

マイヤーズカクテル

ビタミンB群主体のマイヤーズカクテルは、患者様の血液検査結果や体調により、ビタミンCよりもマイヤーズを優先的にすることがあります。

当院では、インプラントや再生療法などの手術をする方には、血液検査を受けていただき、その検査項目の中でも、ホモシステインの値が高い人には、特にマイヤーズとビタミンBのサプリメントを勧めています。

ホモシステイン高値の方は、動脈硬化や血栓病変のリスク因子の指標でもありますが、歯科領域では、コラーゲンの質を低下させる要因でもあります。そのため、骨や歯肉の脆弱化の予防、良好な状態を維持するためにマイヤーズは必要ですし、慢性疲労で疲れがなかなか取れない、ストレスが多い方などの体調面も参考にしながら点滴を選択します。

グルタチオン+ビタミンC点滴

高濃度のビタミンCにグルタチオンをプラスした点滴です。

体調が優れない方は、ただただ栄養補充することばかりでは効果が現れにくいこともあります。

特に体内に毒性重金属(アマルガム、鉛、アルミニウム、水銀などなど)が蓄積していると、栄養補充しても毒性の方が上回り、身体は回復できない状態になります。そのため、グルタチオンによる毒素のデトックスを目的にした点滴です。

オゾン点滴

現在は導入準備中です。

初めての方もお気軽にご相談下さい

診療予約・相談・お問い合わせ