メタルセラミック

HOME > 審美歯科:メタルセラミック・メタルボンド

メタルセラミック

メタルセラミックは、従来のセラミックス治療のひとつで、メタルボンドとも言われています。

むし歯治療で神経を抜いたために変色している歯や、強度が不足している歯などに、セラミックと金属(フレーム部分)でできた被せ物を取り付けます。

表面の硬度が高いため磨耗しにくく、また従来のプラスチックの被せ物と比べて色素の沈着が起こりにくいため、変色する心配がほとんどありません。

硬質レジンとメタルボンドの比較

  硬質レジン 通常の金属メタルボンド ゴールド・メタルボンド
素材
プラスチック

陶材と金属

陶材と純金
色調再現
隣の歯と近い

隣の歯とほとんど同じ

隣の歯とほとんど同じ
耐変色性
着色・変色がある

着色・変色なし

着色・変色なし
強度性
柔らかいので破折・磨耗あり

天然歯より若干硬め

天然歯より若干硬め
生体親和性
適応症例 保険で認められてる範囲内で対応できます かぶせ物のみ 単冠・ブリッジどちらでも対応 かぶせ物のみ単冠のみに対応
保険適用 保険適用可 保険適用外 保険適用外

ケース症例[1]

術前 仮歯 色彩合わせ 術後

ケース症例[2]

術前 プロビジョナル 形成 術後

ケース症例[3]

術前 仮歯 術後
初めての方もお気軽にご相談下さい

診療予約・相談・お問い合わせ