入れ歯

HOME > 予防一般歯科:入れ歯治療

入れ歯治療

義歯(入れ歯)人口はかなりの数にのぼります。それに比例して「合わない義歯」と言う言葉も多く聞きます。

また患者様本人の感じる「いい」「悪い」にかかわらず、客観的にも不適合な義歯が少なくありません。ここで言う「合わない義歯」とか「噛めない義歯」とは、単に形がアゴに合わない、噛めないという意味だけではありません。心理的、審美的、機能的に気に入らないと言う意味です。

患者さん本人が気づいている「不満な義歯」については何の説明もいらないでしょう。痛い、噛めない、色が合わない、落ちる等、心身に不快を与える義歯のことです。

当院では、患者様ひとりひとりに合った義歯をご提供できるように、事前にカウンセリングをしっかりとおこないます。また義歯の装着後も定期的な検診をおこない、問題が起きた場合もすぐに対処できるように心がけております。

入れ歯は治療計画が大切です

誰でも義歯(入れ歯)にはなりたくないものです。しかし入れ歯を使わないと治せない時もあります。ところで義歯は見た目が悪い、義歯は痛くて噛めないとか、義歯は硬いものは噛めないとか、あまり入れ歯の評判は世間的に良くはありません。

しかし、お口全体の治療計画をしっかり立てて、その適応症にあった入れ歯を選択して作ると、入れ歯でも審美性が優れ、かなりしっかり噛めるようになります。

特に審美入れ歯の場合は、見た目(審美性)としっかり噛めること(機能)が重要になり、前もってしっかりした治療計画を立てることにより、今までの入れ歯より優れた入れ歯が手に入れることが出来ます。そのためにドクターと患者さんのコミュニケーションが大切になってきます。

総入れ歯について

総入れ歯(総義歯)は、最初は少し抵抗があるかもしれませんが、現在の総入れ歯は大変精巧なものになっており、しっかり噛めて話しやすくなります。

総入れ歯が痛い、外れやすい、しゃべりにくい、安定しないなどのお悩みがありましたら、現在使用している総入れ歯が合ってない可能性があります。

当院ではひとりひとりに合った総入れ歯を作ることにより、快適に噛める入れ歯を皆様にご提供できるように努めております。総入れ歯でお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。

部分入れ歯について

部分入れ歯は、残った歯と部分入れ歯で歯がもっている本来の機能を回復するように設計され、高度の技術を持った歯科医師と歯科技工士により作製されます。

部分入れ歯で重要なことは、残すことができる歯をしっかり守り続けることです。つまり、残っているご自分の歯が重要なのです。

部分入れ歯自体は、たとえ残っている歯が失われても、修理をして継続して使えるように、あらかじめ設計・作製をしていますが、その部分入れ歯の性能(安定性、咀嚼能力、見た目、はずれにくさ)は、歯を失うごとに低下していきます。

いろいろな悩みをかかえておられる患者様が多くいらっしゃいます。これらのほとんどは、残っている歯が悪くなり、だめになって起こることです。

部分入れ歯の治療では、残された歯をいかに健康に保てるか、が最も重要な課題です。

部分入れ歯の種類

─ ノンクラスプデンチャー

入れ歯はバネが見えるから嫌だ、歯を削りたくないのでブリッジにはしたくない、インプラント(人工歯根)の手術はしたくない、などの患者さんに最適の入れ歯がノンクラスプデンチャーです。

新素材を使い新発想により出来ているので、入れ歯とは気づかれず、お口にぴったりと密着すると共に、吸水性がないので臭くならず快適です。

もちろんお食事も美味しくいただけます。

─ マグネットデンチャー

バネを使わず特殊な磁石などを応用した装置を使い義歯をお口の中で安定させます。

審美的にも優れている上、義歯のガタつきが少ないです。

保険と自費の入れ歯はなにが違うの?

保険の入れ歯は、保険適応内で決められた範囲内の素材や製作工程で入れ歯を作っていきます。

保険適応するので費用的には非常に安く済ませることができるというメリットがあります。

対して自費の入れ歯はよりお口にフィットする入れ歯を制作するために、保険適応外の高価な素材を使用したり、製作工程も保険の入れ歯より複雑な工程で入れ歯を作っていきます。

より安い費用での入れ歯制作を求めるなら、保険の入れ歯を作ることをおススメします。しかし、入れ歯をした時の快適な装着感やフィット感を求めるなら断然、より精密に製作された自費の入れ歯をおススメします。

─ 保険の入れ歯と自費の入れ歯の製作工程の違い

保険と自費の入れ歯では、製作する時の工程が違います。

  • 保険の入れ歯の製作工程:23工程
  • 自費の入れ歯の製作工程:約50工程以上

保険の入れ歯は保険適応内で決められた工程に沿って製作していきます。これが23工程です。

一方、自費の入れ歯は装着感や安定感を向上させるために、保険の入れ歯の倍以上の工程でより精密に製作していきます。この工程差が保険の入れ歯と自費の入れ歯の違いと言っていいでしょう。

よりお口に合った入れ歯を作るなら自費の入れ歯をおすすめ致します。

自費の入れ歯の種類

─ 金属床

金属はレジンに対し強度が高いため、同じ強さを持つ床を作るのに、床の厚みを大変薄くすることができるというメリットを持っています。

─ チタン床

チタンという金属の特徴は、生体親和性が高く金属アレルギーが出にくい事と 重さが金の約1/4、熱伝導率が貴金属の1/20程度から総義歯、部分義歯に適した材料です。

異物感が少なく、温感に優れ、臭いがつきにくく、壊れにくい強さを有しています。

総義歯ばかりでなく残っている歯に磁石を用いて装着するタイプの義歯や、残存している歯にバネをかけたり、ばねの代わりにジョイントする器具を用いたアタッチメントと組み合わせて義歯を作る事も可能です。

─ 金床

金(ゴールド)は、腐食による変色が起こらず、精密な加工を行いやすい金属で、見た目が良いだけでなく、身体に優しい素材です。

厚さは、樹脂製義歯の1/3~1/5で加工できるので、口内の違和感がほとんどありません。また特に熱伝導に優れています。

─ ノンクラスプデンチャー

「ノンクラスプ」すなわち、金属のバネの無い入れ歯です。

歯を固定する装置と床の部分が同一素材で作ることができるため、シンプルで審美性に優れています。

素材はプラスティック系のナイロン素材です。半透明で歯ぐきの色調と同化します。軽くて弾力性があり、破折に強い素材でもあります。

ケース症例[1](ノンクラスプデンチャー)

術前 術中 術後

ケース症例[2](金属床&ノンクラスプコンビネーション)

術前 術後
初めての方もお気軽にご相談下さい

診療予約・相談・お問い合わせ